【急増中】今から〇〇に注意!

突然ですがお腹を触ってもらってもいいですか?おへその上、おへそを中心に上下左右いかがでしょうか?

冷たくないですか?

こんなにジメジメして暑いのにお腹が冷たかったアナタ、黄色信号です⚠️最近は患者さんにも多いです。夏が来る前に「内臓冷え」のケアをしましょう。

どうして内臓冷えのケアをするの?

内臓冷えで食欲不信になり夏バテになると手軽なアイスや素麺などを食べる→また内臓冷えに…という負のループになるだけでなく、肩こりや頭痛、内臓脂肪がつきやすくなるなどの症状や自律神経の不調による不眠になることも😱また、免疫が下がって夏風邪に繋がる可能性もあります!

内臓を温めよう

外側から温めるには入浴・お灸・腹巻・ドライヤーなど身近にある使いやすいものでOK🙆‍♀️

内側から温めるには豚肉・うなぎ・鶏胸・カツオ・マグロなどはタンパク質だけでなく、冷えにも効果的な栄養が満点です💯

他にもアイスを食べる時は温かい飲み物と一緒に、冷たい飲み物は口の中で温めてから飲むなどのひと工夫もオススメです。

内臓が温まると

代謝が上がり痩せやすくなります✨体温が1℃上がると基礎代謝は約12%上がるそうです⤴︎夏は冬以上に冷える場面が多いので熱中症に気をつけつつ、今から「内臓冷え」ケアしましょう♪