体組成計についてvol.2〜体脂肪編〜

みなさんこんにちは!

月曜断食を書いた中の人、関口です😁

いつもご覧頂きありがとうございます!

前回のブログより、6月からスタートした月曜断食体組成計について4回に分けて各項目の説明をしております。

前回のブログはこちら

待望の〝月曜断食体組成計アプリ〟が完成!

 

今回は体脂肪率、除脂肪体重、皮下脂肪、内臓脂肪の脂肪について書いて行きます!

次回以降は

8/2(月)体水分率、骨格筋率、、総筋肉量、

8/6(木)骨量、タンパク質、基礎代謝、体内年齢

こちらも書いて行きますので是非ご覧ください♪

 

体脂肪が燃える仕組み

そもそもハリエットや月曜断食では何故体脂肪が落ちるのか?

断食を始めると12時間後から貯蔵されていた肝臓のグリコーゲンがエネルギーとして使われます。

その肝臓のグリコーゲンは12時間ほどで枯渇されると言われており、そのグリコーゲンが枯渇すると次に脂肪酸がエネルギー源として働き肝臓でケトン体が産生されます。
肝臓で脂肪が分解されてケトン体ができ、主なエネルギー源になるとケトン体はDNAに働きかけ、細胞の中のミトコンドリアのスイッチをオンにして、効率よくエネルギーを作り出すようになり、ケトン体は脂肪が分解されて合成されるものなので、ケトン体が増えるということは脂肪を燃やしやすく、太りにくい体になるのです。

 

また、ケトン体が産生されてる状態をケトーシスと言い、その状態が続くと自律神経の働きを調整したり、成長ホルモンの分泌、ストレスに対抗したり、炎症を抑制する。
成長ホルモンは別名『若返りホルモン』とも呼ばれ、断食から48時間経過すると成長ホルモンの分泌が5倍になるとも言われております。

成長ホルモンは脂肪を燃焼する上で必要なホルモンなのです。

 

 

体脂肪はなぜ増えるのか?

体には、飢餓になったときに耐えられるよう、食事から摂取して使い切らなかったエネルギーを蓄えるという仕組みがあります。

肝臓や筋肉にもこの余剰エネルギーを蓄えることができますがその量には限りがあり、蓄えきれなかった分が脂肪に変換されます。
脂質を多く含む食材が脂肪になると勘違いしてしまう人も多いのですが、主にエネルギー源となる三大栄養素の炭水化物を摂りすぎてしまうと体脂肪として蓄積される可能性があります。

 

体脂肪とは?

体脂肪とは、体に貯えられた脂肪のことで、主に脂肪細胞に貯えられています。
また、体脂肪率とは、体重に占める体脂肪の比率をパーセントで表したものです。

体脂肪は決してデメリットだけではありません。

ただ多すぎても少なすぎてもよくありません。

体重を落とす方は標準(+)、落とされた方は標準(ー)を維持することが理想です。

※WHO、日本肥満学会より

 

除脂肪体重とは?

その個体の全重量から、その個体が持つ脂肪組織の重量を差し引いた、体重に関する指標の1つであります。

つまり体重に対して体脂肪の量を示しております。

 

皮下脂肪とは?

皮下脂肪とは皮膚組織にある脂肪で、少しずつ蓄積される特徴があります。

お腹(特に下腹部)、お尻、太ももなどにつくことが多く、一度ついてしまった皮下脂肪は落とすのに時間がかかる傾向があります。

体質で言うと瘀血や水滞体質の方は皮下脂肪がつきやすい傾向にあります。

内臓脂肪と違い動脈硬化の進行などの心配は低いですが、睡眠時無呼吸症候群や関節痛、月経異常などを発症させやすくなるので注意が必要です。

 

内臓脂肪とは?

内臓脂肪とは腹筋の内側の壁、腹腔内についている脂肪のことで、主に小腸を包んでいる腸間膜という場所に付くことが多いです。

皮下脂肪とは逆に、短期間で蓄積されやすく、落ちやすいという特徴があります。

体質で言うと湿熱体質の方は内臓脂肪がつきやすい傾向にあります。

内臓脂肪の過剰な蓄積は循環器系疾患、高血糖・脂質異常・高血圧などの生活習慣病発生リスクが高くなるので注意が必要です。

 

まとめ

特に女性は皮下脂肪として蓄積しやすく、男性は内臓脂肪として蓄積しやすい傾向があります。(女性の場合閉経後は内臓脂肪として蓄えやすくなる)

 

だからこそ女性の場合は瘀血や水滞の体質を改善することがしっかりと皮下脂肪が落ちやすくなるのです。

断食や食事などはもちろんですがじっくりとその体質を改善する鍼灸治療は脂肪を燃焼するサポートに必要不可欠なのです。

また水滞体質の方に合ったハリエット漢方ハーブティーの爽が現在季節限定割引キャンペーン中でお安くなっておりますので、この機会にしっかり体質を改善し、脂肪が燃えやすい体へと改善して行きましょう!

https://harrietginza.base.shop/items/48390402

この記事を書いた人

関口 賢

関口 賢

Harriet 代表 / 『月曜断食』著者

中国式鍼治療専門店ハリー(HURRI)の王先生に憧れ、弟子入り。のべ約10万人の臨床経験を生かして、この時代に合った新たな鍼灸を確立と共に鍼灸業界の常識を覆し、多くの人々の健康に貢献することを目指して、Harrietを運営しております。 私共が、皆様にとってご自身のお身体を見つめなおす場のサードプレイスとなり、よりいっそう輝いていただく源となることを、スタッフ一同心より願っております。