月曜断食と糖質制限の違いは?

いつもご来院頂きありがとうございます!

 

先日とある患者さんが『月曜断食と糖質制限の違いって何ですか?』という方がいました。

僕が話した内容が患者さんにとってとても納得いく説明だったせいか、『これは皆さんにシェアした方がいい!』とのことでしたので、今日はその事について話していきます。

 

月曜断食と糖質制限の違いは?

まずはこちらの動画をご覧ください!!

断食を始めると12時間後から貯蔵されていた肝臓のグリコーゲンがエネルギーとして使われます。

その肝臓のグリコーゲンは12時間ほどで枯渇されると言われており、そのグリコーゲンが枯渇すると次に脂肪酸がエネルギー源として働き肝臓でケトン体が産生されます。

肝臓で脂肪が分解されてケトン体ができ、主なエネルギー源になるとケトン体はDNAに働きかけ、細胞の中のミトコンドリアのスイッチをオンにして、効率よくエネルギーを作り出すようになり、ケトン体は脂肪が分解されて合成されるものなので、ケトン体が増えるということは脂肪を燃やしやすく、太りにくい体になるのです!

 

参考論文 https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29086496/

 

つまり定期的な空腹時間を作って糖質制限をする方が筋肉でなく脂肪をエネルギーとして消費してくれるのです!!

是非『なぜ脂肪が燃えるのか?』そのメカニズムを理解した上で月曜断食を実践してくださいね♪

この記事を書いた人

関口 賢

関口 賢

Harriet 代表 / 『月曜断食』著者

中国式鍼治療専門店ハリー(HURRI)の王先生に憧れ、弟子入り。のべ約10万人の臨床経験を生かして、この時代に合った新たな鍼灸を確立と共に鍼灸業界の常識を覆し、多くの人々の健康に貢献することを目指して、Harrietを運営しております。 私共が、皆様にとってご自身のお身体を見つめなおす場のサードプレイスとなり、よりいっそう輝いていただく源となることを、スタッフ一同心より願っております。