BLOG 関口鍼灸治療院ブログ

睡眠は量!ではなく質!?!?

こんにちは!

今週のブログを担当します鈴木大和です。

GWが終わり令和1ヶ月目も残りわずかとなってきました!
時が経つのは早いですね!

さて、今回は「睡眠」についてお話しします!

2019/05/27

睡眠とは、字のごとく眠ること

睡眠は、人間にとって身体を休める、体力を回復する上で重要な生理的現象です。

睡眠には大きく分けて2種類あります。

・眠りの浅いレム睡眠
・眠りの深いノンレム睡眠

人間は上記の2種類の睡眠を「レム睡眠→ノンレム睡眠」として1サイクル

この1サイクルを約90分間とし、寝ている間に4〜6回繰り返します。

そして、朝方に向かうほどレム睡眠の割合が増えてきます。

夢を見るのはレム睡眠中なので、夢を多く見る人は浅い眠りであり脳は休まっていない事を意味します!!!!!!

起きる直前に夢を見ていた!という人が多い理由もレム睡眠とノンレム睡眠の関係から理解できますね!!!

では、そんな睡眠の質を上げるにはどうしたら良いのか!?

=ノンレム睡眠状態を作ってあげればいいのです!

それは誰でも出来ます!!!!

今から挙げる3つが出来ると睡眠の質は上がります⤴⤴⤴

① 22時に寝る

22時は流石にキツイ。。。

という人も少なくないでしょう!

何が言いたいかと言うと、早く寝る(遅くとも0時前までに、最低でも23時)と言う事なのです!

睡眠のゴールデンタイムと呼ばれる時間がちょうど22時〜2時の4時間

身体の修復に携わる成長ホルモン(若返りホルモン)が最も分泌する時間がその時間だと言われています。

22時に寝ると身体がしっかりと休まり、ぐっすりと寝れる。という事なのです!

② 寝る時は腹ペコ

これは22時に寝るのに付随して、とても大切な事です!

仮に22時に寝ていたとしても、満腹状態や酒気帯びしている場合は早く寝ていても

意味がありません!

睡眠の質自体は最悪なのです!!!

食べ物は口から入り胃で「消化」されます。

消化していると言うことは身体の内側は活発に働いている証拠

遅い時間の食事は、言わば徹夜して消化している事になります!

そうすると、休めたいはずの脳が休まらず、翌朝起きた時に「よく寝たはずなのに疲れが取れていない」なんて事が起きてきてしまうのです。

ですので、食べる時間帯、食べるもの、には充分注意して下さい。

③ ベッドに電子機器を持ち込まない

今では、誰しもが持っている携帯電話や、ノートパソコン、様々な電子機器が普及しています。

生活するのに欠かせない必需品です!

そんな電子機器の放つ「ブルーライト」は良質な睡眠を阻害します!!!!

ブルーライトは「メラトニン」という睡眠に必要なホルモンの分泌を阻害します。

=寝る前にスマホを閲覧していると脳が活発に動き寝付きも悪く、質の良い睡眠は取れない!という事になります!!

ですので、寝る前少なくとも30分前はブルーライトを浴びないようにしましょう!

終わりに

皆さん、睡眠は量ではなく質です!!!

質の良い睡眠を取ることを心掛けましょう!

書いた人  銀座院 鈴木大和