夏野菜のガスパチョ

GETSUDAN WORD / 良食日

印刷する

夏野菜を使ったスペインの冷たいスープのガスパチョです。
切った野菜をミキサーにかけて冷やすだけなので簡単に出来上がります。

生野菜を食べるメリットは、熱に弱い食物酵素をしっかりとれることです。
食物酵素は食べ物の消化を助ける役割をします。

また、体の中で作られる酵素の働きを高め、新陳代謝を促進します。
ミキサーにかけることで胃腸への負担も少なくなります。
野菜はトマト以外は全部そろわなくても大丈夫です。

このレシピのキーワード 良食日 きゅうりトマトパプリカピーマン

夏野菜のガスパチョの材料

材料 3人分
(1人 64kcal)

  • トマト……2個
  • ピーマン……1個
  • パプリカ……1/4個
  • きゅうり……1/2本
  • にんにく……お好みで少々

調味料

  • 酢……大さじ1
  • オリーブ油……大さじ1
  • 塩……小さじ1/4
  • こしょう……少々
  • 水……50ml

夏野菜のガスパチョの作り方

  1. 野菜類はミキサーに入るように適当な大きさに刻む。
  2. 切った野菜と調味料を全てミキサーに入れて、なめらかになるまで撹拌する。
  3. (2)を容器に移して冷蔵庫でよく冷やす。
このレシピのキーワード 良食日 きゅうりトマトパプリカピーマン

onepoint!

ミキサーの大きさによっては半分の量で作ってください。 撹拌しにくい時は少量の水を足して回してください。

レシピ監修:大矢 眞弓さん (管理栄養士)

こちらの月曜断食レシピもおすすめ