夏野菜と豆腐のドライカレー

GETSUDAN WORD / 良食日昼食

印刷する

夏野菜をたくさん入れた、良食日のお昼ごはんのレシピです。

カレーはごはんやナンと一緒に食べることが多いですが、代わりにお豆腐を使っています。

市販のカレールーは油脂と塩分が多く、消化に時間もかかります。
ドライカレーなら、野菜の旨味と香辛料で満足感を損なわず食べることができます。

野菜は冷蔵庫にあるお好みの野菜で作ってみてください。

このレシピのキーワード 良食日昼食 カレー粉ズッキーニトマトなすピーマン玉ねぎ豆腐

夏野菜と豆腐のドライカレーの材料

材料 3・4人分
(1人分 170kcal)

  • 玉ねぎ……1個
  • ピーマン……2個
  • なす……2本
  • トマト……1個
  • ズッキーニ……1本
  • 木綿豆腐……1丁
  • サラダ油……小さじ2
  • カレー粉……小さじ2
  • ターメリック……小さじ1(無くてもOK)
  • ケチャップ……大さじ1
  • 塩、こしょう……少々

夏野菜と豆腐のドライカレーの作り方

  1. 木綿豆腐はペーパーに包み、ザルにのせて1時間くらい水切りをする。
  2. 玉ねぎはみじん切りにする。ピーマン、なす、トマト、ズッキーニは1cmくらいの角切りにする。
  3. 水切りした豆腐をくずしながらフライパンに入れる。カレー粉の半量、サラダ油の半量(各小さじ1)を入れて中火で焼きつけるように炒める。軽く焼き色がついたら取り出しておく。
  4. 同じフライパンに残りのサラダ油を入れ、玉ねぎを中火で炒める。しんなりしたら他の野菜、残りのカレー粉、ターメリック、ケチャップを加えて5分くらいさらに炒める。③の豆腐を入れて炒め合わせる。最後に塩、こしょうで味を整える。
このレシピのキーワード 良食日昼食 カレー粉ズッキーニトマトなすピーマン玉ねぎ豆腐

onepoint!

砕いたナッツを入れるのも、コクが出ておすすめです。

レシピ監修:大矢 眞弓さん (管理栄養士)