月曜断食 VS 3日断食

いつもご来院頂きありがとうございます❗️

 

夏シーズンに向けて最近では新規でのお問い合わせが多くなっており、ご予約が取れるのが数週間先というケースも多くございます。

大変申し訳ありません💦

 

先日インスタライブで月曜断食と3日断食についてそれぞれの観点からお話ししました。

 

結論から言いますとどっちが良い悪いではありません!!

 

それぞれメリットデメリットありますので、新たにハリエットに来られる方はご参考にして頂けたらと思います😊

 

 

月曜断食と3日間断食の違い

 

Harrietの治療では、「3日断食」か「月曜断食」を選んでいただき鍼灸治療と組み合わせていきます。
体重の落ち方や通院ペースに違いがありますので、患者様に合った断食を選んでいただきます。

 

 

月曜断食のメリット、デメリット

 

月曜断食の最大の特徴は何よりも『始めやすさ』だと思います。

特に大きなスケジュールの調整は入りませんし、多くの幅広い世代の方に受け入れられております。

そして何より累計発行部数30万部を超えた月曜断食は多くの方に支持されております。

 

メリット

・始めやすい

・習慣化しやすいので続けれる

・老若男女にできる

・お酒を飲みながらできる

 

デメリット

・体重や体脂肪が落ちるのに時間を要する

・体質が変わるのに時間を要する

 

結論

始めやすさやストレスなく続けれる月曜断食はゆっくり体重を落としゆっくり体を変えて行きたい方にオススメです。

 

 

 

3日断食のメリット、デメリット

 

3日断食の特徴は何よりも圧倒的な結果が手に入ると言うことです。

ハリエットに来られる方がスタートする場合、まずこちらからスタートされる方が多いです。

その背景には過去10万人の臨床経験に基づき、圧倒的な成功体験の集約型だからこそです。

 

メリット

・体重や体脂肪が落ちるのが早い

・体質が変わるのが早い

・体脂肪が落ちやすい

 

デメリット

・できる人とできない人がいる(年齢、スケジュールの都合上)

・最初の3日間はお酒が飲めない

 

結論

3日断食は『自分なんかに出来ないんじゃないか』と思われる方がいますが、実際はほとんどの方が出来てます。

しっかりと数字にコミットしてやりたい方にオススメです。

 

 

3日断食から月曜断食へ、月曜断食から3日断食へ移行できるの?

 

よくこちらの質問をされることがありますが、結論から言いますと出来ます!

よくあるシチュエーションとして成功事例は下記のパターンです。

 

3日断食から月曜断食へ移行

・ある程度の体重、体脂肪が落ちたのでリバウンドしないために習慣化するため

・仕事の忙しさで治療になかなか来れない方

・ストレス具合が強い方

 

月曜断食から3日断食へ移行

・停滞期に入った方

・体脂肪だけがなかなか落ちない方

・ダラけてしまい再度リスタートしたい方

 

 

まとめ

 

最後に月曜断食と3日断食をわかりやすく体を家に置き換えて改修していくと例えるとするのであれば

月曜断食は小さいリフォームを繰り返して時間をかけて改修していく

3日断食は一度更地にして土台からしっかり作り直していく

どちらにしても最終的にキレイな家ができてます。

イメージ的にはそんな例えが最適かと思います。

 

目指すべきゴールは一緒で、どちらにせよ自分が求める結果を手に入れることは出来ます。

最初に言いましたようにどっちが良くてどっちが悪いではありません。

そして正解不正解でもありません。

 

ハリエットでは患者様の選択を必ず正解にするサポートをして行きます!!

 

ハリエットではカウンセリングを含めて患者様に最適な計画とプランをご提案させて頂き、無料カウンセリングだけでも結構です😊お気軽にお問い合わせください♪

この記事を書いた人

関口 賢

関口 賢

Harriet 代表 / 『月曜断食』著者

中国式鍼治療専門店ハリー(HURRI)の王先生に憧れ、弟子入り。のべ約10万人の臨床経験を生かして、この時代に合った新たな鍼灸を確立と共に鍼灸業界の常識を覆し、多くの人々の健康に貢献することを目指して、Harrietを運営しております。 私共が、皆様にとってご自身のお身体を見つめなおす場のサードプレイスとなり、よりいっそう輝いていただく源となることを、スタッフ一同心より願っております。