S.Uさん(50代)

人間ドックで血糖値とコレステロールがやや危ない数値であることがわかり、それを改善するために体重を 減らすよう(具体的には4キロ)言われましたが、閉経後で代謝も下がり、さらにはこれ!といったダイエットにも出会えず悶々としていました。そんな時、昨年末に友人が「月曜断食」で10キロの減量に成功したと聞き、こちらにもうかがっていたことを知りました。

伺ってみたいと思いながらも、1月、2月と予定がたくさん入っていて、こちらで推奨している3日間の断食はできなさそうだし、それができるような状況が整ったら伺うべき?と考え、タイミングを相談すべく電話したところ「まずはこちらにいらしてみませんか?全てはそこからですよ!」と背中を押していただきました。その言葉にすがる思いで伺わせいていただきました。

その日から、毎週月曜断食をし、断食した日に鍼に通うというペースが始まりました。私は月曜断食のみで、実は3日断食もできていませんが、平日は極力良食をとるようにしていました。外食の予定も結構入っていましたが、食べ過ぎた後は翌日の夜抜いたり、夜の予定が続いてる時は昼に調整をかけるようにしました。楽しむ時は楽しんで!と言われたので、外食の時はあまり気にせず食べていました。このようにかなり緩いペースだったのですが、楽しむ時は楽しんでいたため、ダイエットがストレスにならなかったようで、5ヶ月で10キロ落とすことができました。一月2キロくらいのペースなので、決して早いペースではありませんが、私にはこのペースがあっていたように思います。

これまで色々ダイエットしてきましたが、置き換えダイエットだとそれをやめた途端リバウンドしました。あとスポーツクラブも仕事で忙しくなると通えなくなり、すぐに体重が戻りました。こちらのダイエットは自分の食べ方や生活を根本から見直すので、体が喜ぶ食べ方や胃腸の休め方を学べた気がしています。太らないための食事や食生活を学んだことで、今後も毛属的に太らない生活(食べ過ぎて体重が増えてもまた調整がかけられる生活)ができるだろうし、リバウンドもしないと感じています。

私は週一回断食をし、その日に鍼を打っていただいていたのですが、体重が思ったように減らない時も、現実に向き合わないとさらになし崩しに太っていくと思い、通い続けました。キープしかできず、体重を減らせずに落ち込んでいた時も、「キープできているということはちゃんと正しい食生活ができているということですよ。」と励まされ、キープできていることは悪いことではないんだと気付かされました。通うたびにスタッフの皆さんに励まされ、見守っていてくださる方々がいることで精神的にも落ち着いてくじけずにダイエットを続けてこられました。

私はまだ目標に到達していないので、ダイエットはまだ取り組み続けます。でも閉経しても、これまで何度もダイエットに失敗しても、こうやって頑張れて体重が健康的に減らせたことに本当に感謝しています。着られる服も増えておしゃれも楽しいです。そして次回の人間ドックが本当に楽しみです。