キャベツのピザ風

GETSUDAN WORD / 良食日夕食

印刷する

生地に糖質が多いピザですが、月曜断食中に食べたくなった時のレシピです。

生地をキャベツに変えれば、良食日の夕食に食べられます。

具をアレンジしてチキンやツナをのせると、昼食向きになります。キャベツはトースターで焼くと甘みがでます。アボカドの油分で水っぽくなく仕上がります。

キャベツに含まれるビタミンUは胃の粘膜を守る働きがあります。

このレシピのキーワード 良食日夕食 アボカドキャベツチーズ

キャベツのピザ風の材料

(1人分の材料)
297kcal

  • キャベツ……1/4〜1/6個
  • アボカド……1/2個
  • 溶けるチーズ……30g
  • ピザソース……大さじ1
  • ピーマン……1個
  • 塩……ひとつまみ

キャベツのピザ風の作り方

〈下準備〉

  • キャベツは千切りにして、塩をふり、軽く混ぜてザルにあげておく。
  • ピーマンは輪切りにする。
  • アボガドは半分に切り、種をとって皮を剥きスライスする。
  1. 水気を切ったキャベツをボールに入れ、アボカドを入れて混ぜる
  2. 耐熱皿に①を平に盛り、上にピザソース、溶けるチーズ、ピーマンをのせる
  3. トースターでチーズに軽く焦げ目がつくまで焼く
このレシピのキーワード 良食日夕食 アボカドキャベツチーズ

onepoint!

キャベツに含まれるビタミンUはキャベツから発見された成分で、胃の粘膜を守り潰瘍を抑えます。別名をキャベジンと呼ばれています。

レシピ監修:大矢 眞弓さん (管理栄養士)